自己破産なんて意味が無い


自己破産をする前に、いろいろな選択肢を学んでから決断しましょう!!

◎自己破産のメリット

  1. 借入金や債務が消える。法人も消滅する。支払義務が無くなる。(税金以外)
  2. 取立てから開放される。
  3. 自己破産開始後に得た収入や財産は自由に使用、所有することができる。
  4. 強制執行の失効。差し押さえ等は一切無くなる。
  5. 99万円以内の現金などは残せる。

◎自己破産のデメリット

  1. 破産宣告しただけでは支払義務は消えない。
  2. 免責が認められなければ支払義務は残る。
  3. 行政書士や社会保険労務士など資格が喪失する。
  4. 滞納していた税金や国民健康保険料等は免責されない。
  5. 連帯保証人に迷惑がかかる。
  6. 住所移転と旅行に制限がかかる。
  7. クレジットカード作成やローンを組むことができない。
  8. 官報に記載される。
  9. 破産者への名簿へ記載される。
  10. 破産管財人によって、郵便物が管理される。
  11. 職業が制限される。
  12. 不動産の売却。
  13. ほとんどの財産を失う。

自己破産が意味ないことを知るセミナーはこちら


◎デメリットばかりで、まったくメリットが無い

上記の比較を見てお分かりのことと思いますが、自己破産した後にはもうこれで終わりだと、ばら色の人生が待っている訳ではありません。

特に事業を営む経営者にとっては、大変な弊害とデメリットを被ることになります。

事業を再生していこうと考えている経営者が、官報にのったり、破産名簿に載ることで業界団体や取引先等から風評被害などあったら堪りません。
そのようなことからも、

絶対に自己破産だけはしてはいけません!

自己破産するよりも、もっと未来ある事業再生の仕方があります。

是非一度ご相談ください。必ず道が開けます。