他社との比較


会社を経営していくには資金が必要です。

順風満帆な黒字経営をおこなっている企業でも、手持ち資金が枯渇してしまえば倒産してしまうことになります。

また、逆に万年赤字企業であったとしても潤沢な資金があれば倒産になることはありません。

そのようなことから、万全な資金繰り対策を施しておけば良いということになるのですが、中小零細企業においては赤字企業が少なくありません。

経営不振に陥っている会社は、常に資金が不足してしまう状況になっていることが珍しくないのです。
そうした場合、顧問税理士や中小企業診断士、経営コンサルタント等に相談をされる方が多いのではないでしょうか。

軽度の経営不振ということであれば、新たな資金を調達することで立て直しを図れることも可能かも知れません。

しかし、債務超過に陥ってしまっているような経営不振となれば借入金の返済や債務の支払いに充てるための資金調達になってしまう可能性が高いと言えます。

多くの専門家は、資金調達を主体としていたり、リスケジュールを主体としている人が多いようです。

当センターでは、問題となっている原因を把握し、財務内容の改善と今後の経営課題の解決を目指すことを主体としています。

そして、事業を継続させることを優先し、経営者の生活維持を大切なこととしてコンサルティングをおこなっています。