資金繰りブログ

自己破産申請へ

  • LINEで送る

随分前のことですが、兵庫県で有名な『たいこ弁当』が自己破産申請をしたと出ていました。

一時は40店舗で56億円の売上を経常していた会社が、コンビニやファストフード、ファミリーレストランに押されて、売上が激減して、近年は11億円にまで落ち込んでいたとのこと。

その間、金融機関からの借入金については返済条件緩和などの支援を受けてリスケをして
いたようですが、

奏功せず、事業再生は失敗に終わったようです。

いかがでしょうか。

このように、時代の流れと共に衰退事業においては経営が危機的状況のなか、リスケをしても
何ら改善されることは無く
事業再生はできないのです。

即ち、成長産業や先行き見通しが明るい事業であるならば良いのですが、先細りの事業に
リスケをしても、
一時、延命したに過ぎません。

このようになる前に、劇的に変革できる事業再生を行なっていれば、少なくとも採算性がある
部門は残せたことと思います。

これが、破綻、破産への道を歩むべくして歩んだと言っても過言でないと思います。

考え方ややり方、方向を間違うと破綻への道へまっしぐらに進むことになります。

教訓にしてみられてはいかがでしょうか。

 

  私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

              ご相談ください。


  • LINEで送る