資金繰りブログ

裁判所からの訴状

  • LINEで送る

支払いが滞り、裁判所から口頭弁論期日呼び出し状が届いた。

 

日頃、裁判の経験など無いのですから大きな不安が募り、心配で心配でたまらなくなりました。

受取り拒否した方がいいなどとインターネットに記述がありますが、受取り拒否しても意味を
なさないので、
しっかり受け取りました。

債権債務の民事裁判は、借入金の残債があるのか無いのか、過去の事実を確定する作業を
行なうことが目的です。

間違いなく借り入れをして残債があるのですから、支払いしろという判決がでるのは当然のこと

そんなことは裁判などしなくても分かりきっていることなので、本来ならば裁判などする必要は
ないということになるのですが、

 

債権者としては、その回収手段として裁判に訴えて債務名義を取得することにより、差し押さえ
などの法的手続きを活用したいからです。

また、別の目的としては、法的手続きの差し押さえをすることを目的とするのではなく、時効を
阻止するために行ってくることも少なくありません。

 

それ以外には、債務者に恐怖を与えるために行ってくることも多々あります。

 

そんなこんなで債権者によって目的は様々ですが、通常の金融機関においての裁判はそれほど
多くは行われていないようです。

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

   チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

 事業再生コンサルタントへ ご相談ください。

 


  • LINEで送る