資金繰りブログ

銀行の交渉とは

  • LINEで送る

地方銀行から書面が届きました。

1年ほど前に返済をストップしたプロパー融資の返済について話し合いをしたいとのこと。

日頃、サービサーや信用保証協会、金融機関などの書面を見る機会が多いのですが、

銀行のいう話し合いや交渉とは、一方的に返済を迫ってくるので交渉ではなく押付けのような
意味合いが多く見受けられます。

本来の交渉とは、お互いの妥協点を見出して着地点を探る行為を言うのです。

しかし、金融機関においては借りたものは返すのが当然なので、それをどのようにして返済する
のか
確認する作業を話し合いや交渉と言っているようです。

債務者としては全額債権放棄や債権カットをして欲しいということなのですが、そもそも債権放棄やカットなどに応じることは無いので、大手企業のような話し合いは聞いたことがありません。

信用保証協会付き融資については、直ぐに代位弁済の手続きを済ませて回収を図るのですが、
プロパー融資については何も担保されるものが無いので、

 

体よく話をして回収をしようと目論んでいることも少なくないようです。

このように保証協会付きとプロパーとでは対応が異なることが多くあると聞きます。

特に体力の無い地方銀行や信用金庫などは、このような傾向があるようです。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

   チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

 事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る