資金繰りブログ

事業再生と生活再建の考え方

  • LINEで送る

事業再生を行う前には、さまざまなことを検討しなければなりません。

 

大した検討もせず安易なことを行ってしまえば、今まで築いてきたものを失ってしまう
など、厳しい状況になってしまいます。

 

また、会社や事業だけでなく、従業員や取引先、友人、知人など、自分を応援してくれている
大切な人材まで失ってしまうかも知れません。

 

会社の財務内容や将来性、経営状態はどうなのか。

 

経営者の気持ちは頑張ろうという思いが強くても、現実問題として万年赤字体質であったり、
先行き衰退産業であったり、利益の確保が難しい取引関係であったりなど、

 

直ぐに資金繰りが厳しくなり、新たな借り入れが必要になるだろうなどということを
明確に判断をすることに取り組む努力をすべきでしょう。

 

もし、上記にような厳しい経営状況であるならば、既存の会社や事業に固執せず、違う選択肢を
選ばれることも必要なのかも知れません。

 

一番避けたいことは、経営者が見栄を張ったりすることにより、先行き見通しが暗い会社を存続
させて
資産をどんどん減らしてしまうことです。

 

そして、生活するのにも厳しい状況まで追い込んでしまうこと。

 

これは絶対に避けるべきでしょう。

 

事業再生を行う場合には、事業の継続有無と生活再生の両方を検討し、知恵を絞りだしておく
べきなのです。

 

もし、先行き厳しいということであれば、経営は止めて会社勤めをするとか、または、将来性が
ある事業に軌道修正して起業するなど何らかの方法を取るほうが無難ですが、

 

何れにしても同時並行で生活の再建は行わなければなりません。

 

そして当面の運転資金を確保することも大事なことなのです。

 

もし、金融機関から調達できる余力があるのであれば、事前にしっかり調達しておきましょう。

 

極力出費を抑えて、内部留保をしておくことが大事なことなのではないでしょうか。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

   チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

 事業再生コンサルタントへ ご相談ください。

 


  • LINEで送る