資金繰りブログ

代位弁済

  • LINEで送る

代位弁済については、さまざまな意見や考え方を耳にします。

 

もちろん、代位弁済などされずに通常返済ができれば何の問題もない訳なのですが、破産を検討
しなければならない状況になってくると手続きされても致し方ないかも知れません。

 

中小零細企業の経営者も、金融機関から代位弁済をされてしまうかどうかなどという心配を
するよりは、

 

破産をすることで一時的には楽になれるようですが、今まで築いてきたものすべてを失って
しまうことになります。

 

中小零細企業経営者は、非常に責任感の強い方が多くおられます。

 

如何なる状況になったとしても、自ら招いたことなので自分が全責任を負い、何が何でも債務を
返済するんだと頑張られ、無責任な行動などされるはずもないのです。


資金繰りが苦しくなり辛い思いをしながら頭を下げてリスケをしていたのですが、
金利さえも
支払いすることが出来なくなった時に、

 

このままでは代位弁済をするようになりますよ。と言われたのです。

 

当然、期限の利益を喪失すれば信用保証協会に代位弁済されることは契約の通りです。

 

この代位弁済については、時として金融機関からは犯罪者のような扱いをされることがあるの
ですが、
企業や経営者にとっては悪いことばかりではないようなのです。

 

信用保証協会へ代位弁済されたことにより、毎月の資金繰りが楽になったという経営者も
少なくないようです。

 

状況にもよりますが、企業によっては毎月僅かな金額の返済で了承してもらっている
ケースも少なくないと聞いています。

 

また、今まではリスケで金利のみを支払いしていた企業は元本がまったく減らない状態でしたが、信用保証協会への返済では元本充当になるので返済した金額分はすべて元本から差し引かれます。

 

しかし、デメリットとしては損害金が発生しますので、返せど返せど借金の総額は増えて
行くことは理解しておく必要があります。

 

ですが、損害金については後に免除してもらえる可能性もあるようなので、その時になった時点
で信用保証協会の方と相談をしてみる努力も必要かも知れません。

 

そのようなことから、代位弁済されたら信用が無くなり、後に資金調達ができなくなるという
恐怖心を取り払えば、
代位弁済とは非常に楽になれる制度という考え方も否定できません。

経営の見通しにもよると思いますが、毎日のように資金調達に奔走しているよりは、代位弁済を
してもらうことにより、

 

経営を立て直すまでの間、一時的に重く圧し掛かっている返済を軽くしてもらうということも
あらゆる関係各者の人達に迷惑を掛けない一つの方法かも知れません。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

   チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

 事業再生コンサルタントへ ご相談ください。

 


  • LINEで送る