資金繰りブログ

レスポンスが悪い経営者

  • LINEで送る

厳しいことを言うようですが、経営者を守りたいという強い思いから少し辛口なコメントを書きます。

 

ご相談者様の中には、少なからず非常にレスポンスが悪い方がおられます。

 

応答・返答・反応・行動が遅い人です。

 

経営が危機的状況となり瀕死の状態であるにも関わらず、コンサルを受任した後、事を早く進めていくことができません。

 

このレスポンスが悪い方は非常に感覚が鈍い人です。

 

どこの企業にもいると思いますが、急ぎの仕事であっても、そうで無くても仕事をするペースは
常に同じで、
急いで終わらせようとする意識が欠落している人。

 

このような方は通常の平時の時はよいのですが、いざ鎌倉といった有事のときには役に立ちません。

 

事業再生を少しでもスムーズに、かつ、傷を小さく、極力資産を減らさないようにするためには、時間との戦いでもあるのです。

 

よって、状況によってはグズグズしている場合でないことが多々あります。

 

そのようなことから、夜、夜中まで対策準備に取り掛かることも稀ではありません。

 

しかし、当の本人のレスポンスが悪ければ、私たちは何をやっているのだろうということになり、事業再生へ向けての足を引っ張られることにもなるのです。

 

また、このようなことを認識されていない経営者の方もおられますので、事業再生を成功させたいと考えておられるならば、

 

現状、今、自分は何を優先的にしなければならないのか、しっかり理解把握する必要があるのではないでしょうか。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

    事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る