資金繰りブログ

腹を決められない経営者

  • LINEで送る

経営が危機的状況になっていることは、自分自身が一番よく分かっているはずです。

 

今月の資金繰りを何とかやり繰りしても、次月はどうなるか先が見えない。

 

入金の予定額は、何度、電卓を弾いても支払いを上回ることは無い。

 

経営者の頭の中では、いつ、いくら、資金不足になるのか計算ができているのです。

 

悶々とした日々の中で、一時的に弱気になれば脳裏には自己破産という言葉と不安が募ってきます。

 

また、少し事業で利益が生まれるような話があれば、何とかなるかも知れないと気が緩むこともあります。

 

不安が募れば営業継続を諦めるしかないと思い、気が緩めば何とか頑張って挽回するしかないという思いが湧いてくる。

 

このように、日々、気持ちが大きく揺れ動いているのです。

 

しかし、心の奥底ではこれから業績を上げて財務内容を改善していける見通しが無いので、何れどこかのタイミングで廃業するしかないと思っているのです。

 

家族には迷惑を掛けれない。社員に辞めてくれとは言えない。

 

取引先に支払いができないので怒鳴り込まれるかも知れない。

 

金融機関に自宅を取られてしまったらどうしよう。

 

差押をされてしまう。

 

等々、様々な憶測や妄想により事業再生への道に進むことへ腹を決めてスタートができないのです。

 

こうして、日々、資金が不足する度にあちらから借金、そしてこちらからも借金と雪だるま式に
借金が増えていく。

 

そして、いよいよ、もう駄目だと思って顧問税理士や弁護士に相談をすると自己破産するしか方法が無いと突き放される。

 

そして倒産し、夜逃げや自己破産という結末を迎えるのです。

 

こうなった原因は、軌道修正して事業再生をするという考えを持てず、いつまでも腹を決めて行動することが出来なかったことが原因です。

 

家族や従業員、取引先に迷惑を掛けたくなければ、逆に直ぐ腹を決めて行動に移らなければならないのです。

 

いつまでも腹を決めることが出来ない経営者は、自ら破滅するリスクを高めていることに気が付いてください。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

    事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る