資金繰りブログ

現状をから変化することを恐れる人

  • LINEで送る

今の状態は、もう既に限界に来ており、これ以上借金の返済をしていくのが難しいことは、経営者である自分自身が一番良く分かっている。

 

もっと、早くこのように相談にくれば良かったということも分かっています。

 

ですが、借金をしたのですから何としても借金を返さなくてはならないと思い、今まで闇金融からも借金しながら返済し続けてきました。

 

その闇金融から借りたお金も今月中旬に返済しなければならず、その支払いをすると月末の支払いが不足してしまうのです。

 

金融機関は下より、カードローン、リース会社、信販会社、消費者金融等々、あらゆるところに
借金があるので、

 

その借金返済と取引先への支払い及び毎月必要な固定費の支払いが資金不足になってしまいできないのです。

 

売上も激減している状況で更に苦しい状態に陥っています。

 

このまま営業を続けていくのは非常に困難な状態になってしまっているので、

 

もうダメだと考え、死ぬしか無いかと思ったのですが、未だもう少し生きていたいので、もう少し私を生かさせてくださいと金融機関にその旨を伝えて相談したのですが、

 

親身になって話を聞いて貰えるどころか、兎に角、返済はして貰わないとダメだと言われてしまいました。

 

このようなご相談は日常茶飯事にあります。

 

さて、ここからが本題ですが、

 

私たちはこのような状況にある方でも何ら臆することなく、借金と債務の負担を軽減できるような事業再生を行えるようご支援しています。

 

ご相談者には、その直面している問題解決方法をお伝えし、毎日、毎晩襲ってくる妄想怪獣をやっつけて差し上げ、

 

今後の流れをご説明します。

 

すると、希望が持てることが本当に出来る可能性があるのですね。

 

経験と知識、知恵が無く、無知な自分では想像もつかなかったことですと言われます。

 

これで事業再生に向けて一歩を踏み出せる方は助けられます。

 

しかし、稀に一歩を踏み出すまでに躊躇してしまう方がいるのです。

 

それは、【現状から変化することを恐れる人】 です。

 

このたった一歩が本人にとっては非常に重くて踏み出せないのです。

 

人によっては踏み出す勇気をくださいと言われる方もおられます。

 

では、どうして踏み出すことを躊躇するのでしょうか。

 

その概略を下記に記述してみます。

 

① 金融機関から融資が受けられなくなってしまうという恐怖心。

② 連帯保証人の責任追及 (自分自身、親、妻、子供・兄弟)

③ 自宅や会社所有の不動産をとられる恐怖心。

④ 近隣地域や業界、取引先、友人知人などの風評被害を恐れる。

⑤ 噂に噂が広まって、自分自身が惨めになるのが見っとも無い。

⑥ 本当に事業再生に成功することが出来るのだろうかという不安。

⑦ 借金と債務を払えないという罪悪感 (人の道に外れる・・・・・)

挙げれば切りがありませんが、大まかにはこんなところでしょうか。

躊躇されるご相談者の方は、それぞれ一番に躊躇される理由は異な
りますが、

 

①と②と③については現実に有り得ることなので、その対策と準備は必要となります。

 

しかし、④と⑤とについては、単なる経営者のカッコ付けや表面だけの偽善者から脱却できないとしか理由は無く、

 

手厳しいものの言い方を敢えていたしますが

 

 返せないのに返したいという理想だけを言い続ける矛盾

 

簡単に言ってしまえば自らの失敗を素直に認められず、人に知れ渡ることが見っとも無いという
ことで、

 

自尊心が傷つくことを恐れているからということに尽きます。

 

即ち、失敗を恐れ失敗を受け入れられない人なのです。

 

ですが返済が出来なくなるほど莫大な借金と債務を抱え、事業の運営もままならない状況にまで
なっているのですから、

 

もう、カッコ付けるのは いい加減終わりにして止めるべきです。

 

事業再生を行ない再生を果たす上での一番の敵は、金融機関からの借り入れではなく、

 

自分自身が変化を恐れて前に進むことが出来ず、自分自身が責められるかも知れないという拒絶
反応と羞恥心ではないでしょうか。

 

これに気づくべきです。

 

もし貴方がこのような状況になっているとするならば、選択肢は大まかに下記の3つです。

 

① 自己破産をして解決する。

② 何の対策もせず、現状を維持したまま事業を継続させ、破綻するまでやれるだけやる。

③ 事業再生を行なって復活する。

 

これを決めるのは私たちコンサルタントではなく、貴方自身です。

 

最後に一言付け加えますが、事業再生を行なうにも少なからず事業資金が必要ですよね。

 

資金繰りが苦しい中、更に一日一日と日延ばしにして行けば行くほどお金がどんどん無くなっていき、

 

資金が底をついてしまえば、いくら事業再生を行なえる状態にしたとしても、事業を行なっていくことも困難となり、結果としてすべてが破綻してしまうことに成り兼ねません。

 

そういうこともよく理解して決断と行動をする必要があるのではないでしょうか。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

    事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る