資金繰りブログ

銀行カードローン・過剰融資が自己破産誘発

  • LINEで送る

03年、消費者金融による多重債務が社会問題となり、改正貸金業法が成立して年収の
3分の1までしか貸せない総量規制が課された。

 

それにより借金返済に行き詰る破産者が減少していたのですが、ここに来て自己破産を
する人が増加傾向にある。

 

現在は、消費者金融に代わって貸金業法に関係のない銀行のカードローンが主流となっています。

 

何故ならば、銀行は銀行法による規制対象となるため、貸金業法の規制となる収入の3分の1までという規制対象外だからです。

 

その為、規制が無い銀行のカードローン残高が消費者金融業者の2倍以上に達しているとのこと。

 

そのようなことから、銀行カードローンの貸し過ぎが自己破産者を誘発しているという指摘もあるようです。

 

以前と違い、現在では銀行のカードローンで目一杯まで借りて、その返済が苦しくなってきたら消費者金融から借りるというのが

 

一般的な借入の流れになっているのです。

 

要するに、消費者金融は利用者の返済が滞ったときに利用する肩代わり保証会社というところでしょうか。

 

個人が自己破産しなければならないまで借りまくるというのもどうかと思いますが、逆に銀行が破産に至るまで貸し付けるのも如何なものなのかとも思います。

 

私たちがバックアップしているのは企業及びその経営者なので、経営者が事業資金不足でカードローンを借りているケースはあります。

 

また、個人が生活費や旅行、ブランド品、嗜好品の購入など、贅沢をするために借入することも多くあるので、

 

さまざまな目的で利用しているのですが、やはり共通して言えることは、どちらも資産より負債が上回る

 

債務超過に陥っていることと思いますので、借りずに資金を確保する方法に考え方とやり方を変えるべきなのではないかと思うのです。

 

銀行カードローンが目一杯、消費者金融が目一杯ということになってくると次はヤミ金融へ走るようになってしまいます。

 

くれぐれも悪い方向へ向かわないように対策していきましょう。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

    事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る