資金繰りブログ

連帯保証人に対する不義理

  • LINEで送る

兄弟の土地を担保に入れて借り入れをしていたり、息子や娘が連帯保証人となっているなど様々なケースがあります。

 

この連帯保証人が第三者の他人であっても、親兄弟、子供の身内であっても絶対に不義理だけは行なってはいけません。

 

もし、借金に連帯保証が付いているのであるならば、その連帯保証人の資産をしっかりと守る対策を施す必要があります。

 

日頃、自己破産を絶対にさせないことを全力で取り組みしていますが、特に連帯保証人がいるのであれば尚更です。

 

何故ならば、会社や経営者が自己破産をしてしまうことにより、その債務はすべて連帯保証人に覆いかぶさるからです。

 

そのようなことから、貴方のために信用して連帯保証人にまでなってくれた人を不幸にすることなく、

 

人として迷惑を掛けることをしないようにしなければならないと思うのですが、皆さんはどのように思われますか。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

    事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る