資金繰りブログ

無い人が最強

  • LINEで送る

裁判所から訴状や支払督促が届くとビックリします。

 

大概の方々は、支払督促や訴状などを今まで見たこともなく、初めての経験だと思いますので皆さん驚かれて焦られるのではないでしょう。

 

また、その訴状を見ただけで、精神的に落ち込んでしまわれる方もおられるかもしれません。

 

それは裁判を行なう場所という、生活での悪いイメージが概念として固定されているからでしょう。

 

特に、日本人という人種は争いを好まない人種なので、余計、避けたい場所という感覚を覚えると思うのです。

 

しかし、日本は法治国家なので、どうしても法律に法った形で物事を進めていかなけらばならいように決められています。

 

そのようなことから債権債務問題に対しても、必ずしもではありませんが裁判という
過程を踏まなければならないことが多々あります。

 

では、債権債務の裁判は何をするのでしょうか。

 

それは、過去から現在に至るまでの借金残債が貴方にあるのか無いのかを確定させる作業を行なうこと。

 

これが債権債務の裁判です。

 

即ち、貴方には借金があることは事実なので、勝ち負けではなく判決は借金があるので支払いしなさいという判決がでます。

 

そして裁判は終わる。

 

債権者は強制執行の差押ができる裁判所の許可を貰うことになるのですが、その先はどうするのでしょうか。

 

もし、貴方が自宅などの不動産を所有しているのであれば、場合によっては仮差押をしてきてから、競売を掛けてくる可能性はあります。

 

しかし、所有不動産はなく、資産が何も無ければ差押をされても何も取られるものは無いので、債権者の差押は不発に終わることになります。

 

このように、資産が何も無ければ取られるものがないので債権者はお手上げです。

 

即ち、取られるものが無い人が最強なのです。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

    事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る