資金繰りブログ

カードローン

  • LINEで送る

日頃、ネット販売で商品購入するための専用アドレスにカードローンの案内がメールで届きました。

 

審査完了まで30分、即日融資もOKで今日のお金の悩みにサヨナラ!

 

誰にもバレずに借りられる。 最短一時間で融資も可能。

 

誰にも内緒でカードを受け取れる。

 

指定の時間帯に自宅でカードを受け取ることができるサービス「配達時間えらべーる」サービスを導入。

 

本人限定配送だから、身内バレするリスクも少なくカードをゲットできます。

 

これを見ていて思ったことなのですが、あまり時間が掛からず借りられることは兎も角として、

 

誰にも内緒でカードを受け取ったり、誰にもバレずに借りられると宣伝しているということは、

 

貸す側の消費者金融会社自体も、後ろめたいお金という認識があることになると思うのですが、皆さんはどのように思われますか。

 

借りる側の人達が家族や自分以外の人に知られたくないといことで、無人機のATMを街中に設置したりしているのは、

 

借りているところを人に見られないようにすることが目的ですよね。

 

ということは、借りる側も何か後ろめたい借金で、貸す側も後ろめたい貸金という、
お互いに貸した借りたということをオープンにできにくい資金ということになります。

 

借りる側の人達は、さまざまな事情により借金をしているのですが、お金を借りるということはお金に困っているから借りる訳で、

 

返せる充てがあって借りている人もいれば、返せる充てが無くて借りている人もいるはずです。

 

消費者金融はそれを百も承知で貸しているので、返せなくなったとしても、それは全体の何パーセントという割合で起こることだと予測しています。

 

そのようなことから借りたお金は返すことが当然ではあるのですが、貸す側も返せなくなってしまう人も出てくることは想定内なので、

 

もしそのような状況になられたとしても、そんなに自分を責める必要はありません。

 

但し、自己の欲求で浪費するために借りて使い込んだお金であったり、ギャンブルに注ぎ込んだなどという借金であるならば、それは話が別です。

 

そんなことで浪費した人は、猛省しなければなりません。

 

ですが経営を立て直すため、事業資金として使ってしまったということであるならば、その考えや行動も間違っていますが、

 

今からでも挽回し、事業を立て直して返済しても良いのではないでしょうか。

 

それには足らないから借りるという行動を、根本的に軌道修正または方向転換をして
行く必要があると思います。

 

まして会社名義で借りるだけでなく、個人名義でも借りなければやり繰りできないところまで来てしまっているならば、

 

何れ破綻、破滅することは分かっていることなのですから。

 

返す充ての無いお金を借りない勇気。

 

腹を決め事業再生に取組む勇気を持ち、軌道修正しましょう。

 

私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

    事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る