資金繰りブログ

借金対策ノウハウ本と実践の違い

  • LINEで送る

経営が困難になってくると経営者の方々は経営破綻や破産など、さまざまなことが頭を過ぎるようになります。

 

その不安を解消するために、インターネットで必死に検索して調べてみたり借金対策や事業再生の書籍を読み漁ります。

 

自己破産とはどういうものか、民事再生や個人再生など、もし自分に当て嵌めたらどの方法が一番良いのか。

しかし、結果として良い結果となれる方法は何一つ見つからず、仕方なしに弁護士などの専門家へ相談をしてみる。

 

すると、間髪いれずに自己破産するしか方法は無いですねと言われて愕然とするのです。

 

殆どの方は、こんな流れでしょうか。

 

この時点でもう駄目だと諦めてしまう経営者と、

 

絶対に自己破産などしたくないので、他に何か良い方法がないか調べる経営者に分かれます。

 

私たちが縁あってコンサルを受任する方々は、この後者の人達です。

 

ここで大事なことは、借金対策のノウハウ本や事業再生のマニュアル本、教科書のような書籍で
事業再生や債務対策はできないということ。

 

そのような本で解決できるのであるならば、借金苦で自殺する人などいないのです。

 

皆さんも、子供の頃に横断歩道の渡り方を先生や親に教わったことと思います。

 

横断歩道を渡るときは、右見て、左見て、また右見て、車が来ていなかったら手を挙げて渡りま
しょう。

 

今、この全国共通の教えを守り横断歩道を渡るときに手を挙げて渡られていますか。

 

勿論、手を挙げて渡ることを否定しているのではなく、書籍やノウハウ本に書かれている内容は、こういうレベルの内容が記述されているとお伝えしたいのです。

 

よって、参考書と実際の実務とでは、まったく違うということをご理解いただければと思います。

 

事業再生や債務対策は、知識と経験及び知恵がなければできません。

 

書籍やインターネットなど、独学で学んで簡単にできるような甘い事でなはないので失敗されないよう留意してくださいね。

 

 私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

    事業再生コンサルタントへ ご相談ください。


  • LINEで送る