資金繰りブログ

窮地に追い込まれても借入したい訳

  • LINEで送る

窮地に追い込まれるとは、どのような状況なのでしょうか。

 

よくあるケースでは、金融機関からの借り入れも限度に達し、もうこれ以上融資を受けることが
難しく、

 

個人の資産も尽きるほど会社に注ぎ込み、目前に支払いや返済が迫ってきている状態でしょうか。

 

この時点で会社と個人の資金が尽きているため、経営者としては従業員に給与の支払いもしなければならず、かつ、仕入代金の支払い、借入金の返済しなければならないという思いから、

 

何処かで借り入れができないかと、必死になることが少なくありません。

 

経営者の方も大変な苦労をされながら経営に取組んで来られたので、何とかしたいという思いは
当然ののことです。

 

ですが万策尽きてしまった状態で、これ以上借り入れを重ねても何ら良い方向への進展は
難しいのではないでしょうか。

 

今やるべきことは、責任という重圧に縛られながら、この窮地の事態から出られない状況を早く
抜け出すための対応をする必要があるのです。

 

借りることばかりに趣を置かず、債権債務が悪影響を与えて事業や生活に支障を及ぼすことのないよう、早々にしっかりと対応しておく必要があるのではないでしょうか。

 

諦めなければ必ずチャンスはあります。

 

借りて苦しんでいる経営から、借りない経営に変えていかなければ、生活していくことさえ難しくなってしまうのではないでしょうか。

 

  私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

              ご相談ください。


  • LINEで送る