資金繰りブログ

主要先進7カ国で自殺者最多の国・日本

  • LINEで送る

以前の日経新聞に掲載されていた記事には、主要先進7カ国で日本が一番自殺者が
多い国とありました。

減少傾向にはあるものの、年間2万人以上の人達が命を絶っているのです。

その中で、借金苦で自殺をしている人は、まだ多くを占めています。

延命処置のリスケジュールにより、ゾンビと化した企業が増えていることから自殺者は
抑えられていることと思いますが、

政府が方針を転換したときは怖いですね。

海外での先進国では、ノンリコースローンなど経営者責任を追及しない制度が当たり前となって
いますが、

唯一日本においては江戸時代の封建的な制度が残っており、親の借金は子供や孫にまで
背負わせるのが当たり前だという契約や相続
が当然として行なわれています。

これは、借りたものは返すのが当然という道義的な考え方が重んじられている日本独特の
体質なのでしょうが、

本当に返せなくなってしまった人に対して、返せ返せと執拗に追求しても返せない状況であれば
返すことが出来ないのですから、他の先進国を見習うべきではないかと思うのです。

 

既に破綻している企業の経営者は、どうすることもできず自殺者してしまう方も
少なくありません。

 

  私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

              ご相談ください。

                


  • LINEで送る