資金繰りブログ

経営判断の分かれ道

  • LINEで送る

借入金の返済と債務の支払いさえなければこれから先も経営を継続していくことは可能だという
方と、債務
がなくなっても経営していくことができるかどうか不安だという方がおられます。

この違いは、これから先も仕事を十分確保することができて、利益を出していくことが可能だと
いう自信であったり、

逆に、業界、業種的には時代遅れで、かつ先細りなので仕事の確保や利益を捻出することが
難しいという理由、

または、今後、資金調達ができなくなるので経営していくことが困難という理由など様々です。

そこで、経営が危機的状況になった経営者の方はどうすれば良いかということなのですが、
常に借りるという概念を払拭してしまう必要があるのではないでしょうか。

多くの経営者の方は、資金が不足したら借りるという考え方をします。

ですが借りれば金利が発生するので、その後は通常の利益額より金利分を上乗せした利益を
捻出しなければならないという考えをするべきなのですが、

 

そのような考え方をされる方は極僅かなので、実際には金利分を上乗せした利益を確保すると
いうことには至りません。

そしてまた借りて金利の支払いが更に増える。

更に資金繰りが苦しくなってくると、返済する資金が不足するので更に借りる。

こうなって来ると、破綻への道へまっしぐらとなる可能性が高まります。

このような展開にならないようにするには、借りない経営を目指すことに尽きます。

借りて資金調達するのではなく、借りないで資金を留保する考え方に変えていくことにより、
リスクが少ない経営ができるようになるのではないでしょうか。

そして、必ず事業再生をしてみせるという強い思いと諦めない決意で取組めば、
再生再起するチャンスが生まれ良い結果が得られるかも知れません。

弱気になっている経営者には、誰も付いて来てくれません。

経営者の貴方がしっかりとした考えと行動をもって成功に結び付けることができるのでは
ないでしょうか。

しかし、もし、自身が持てないようであれば経営者を辞めてサラリーマンになられるという
ことも選択肢の一つになりますので、しっかり見極めることが求められます。

決断するのは貴方自身です。

 

  私たちは、全面的に経営者の力になります。

【永遠のテーマ】

『ピンチを預かり チャンスにして返す

         チャンスを活かすのは 貴方です』

サービサーでお困りの方

信用保証協会 代位弁済でお困りの方

連帯保証人でお困りの方

競売でお困りの方

資金繰りでお困りの方

借金返済でお困りの方

リース支払いでお困りの方

経営が危機的状況の方

破綻寸前の方

自己破産を勧められている方

              ご相談ください。


  • LINEで送る