2019年10月

資金繰りブログ

何とかなるさ!

何とかなるさ 月末の前日に電話が入った。 私、 もう ダメです・・・・・・・・ どうされましたと聞いてみると。 明日の支払いするお金が無いので、もうダメですと言う。 大概こういう状況になる場合は、事業を行なっているのです […]

資金繰りブログ

直面する課題に挑む

直面する課題に挑む 中小零細企業の経営者は、経営のすべてにおいて全責任を取らなければなりません。 取引先との取引や、金融機関からの借り入れ、従業員の雇用、等々、経営危機に陥った時も含めて、そのすべてが社長の責任となります […]

資金繰りブログ

人は「独り」ではない

人は「独り」ではない 中小零細企業の経営者は「いつも孤独」です。 不況になって業績が低迷しても、主要取引先から取引を停止されても、債務超過となり融資が受けられなくなっても、心の底から親身になって相談に乗ってくれたり本当に […]

資金繰りブログ

個人保証問題

個人保証問題 大手企業が資金調達するときには、経営者が連帯保証人になることはありません。 しかし、悲しきかな中小零細企業が融資を受ける時には必ずと言っても過言でないほど経営者である社長が連帯保証人となり保証をさせらること […]

資金繰りブログ

多重債務者

多重債務者 一時期は、毎日のように耳にしていた多重債務者という言葉。 最近では、あまり聞くことも無くなりつつあるのですが、実際は大勢の多重債務者がおられます。 以前は、複数の消費者金融から借りまくってバンザイしてしまう人 […]

資金繰りブログ

自転車操業

自転車操業 昔から、よく自転車操業という言葉を耳にします。 自転車操業とは皆さんご存じのことと思いますが、自転車は走るのを止めれば倒れてしまうことから、資金の借り入れと返済を繰り返しながら、かろうじて創業を続けることや、 […]

資金繰りブログ

存在する意義

存在する意義 過剰な債務を抱え、日常茶飯事に資金が不足しています。 年々売り上げは減少し、最盛期に比べると半分近くにまで落ち込んでいるのです。 その理由は、業界自体が衰退産業であり、発注先が次々と廃業や倒産をしてしまって […]

資金繰りブログ

倒産の引き金

倒産の引き金 昔から、よく物事を終わりにするキッカケとしたり、何らかの出来事が始まるキッカケとなる時に引き金を引くなどという言葉が使われます。 テレビなどでは、国会議員の失言がトリガーとなって野党議員が大騒ぎをしている姿 […]

資金繰りブログ

人生の羅針盤

人生の羅針盤 今の時代では方位を確認するにはレーダーなどを用いられているようですが、昔から船舶や航空機が方位や進路を測る機器として羅針盤が使われていました。 休日などの行くあてのないドライブなどでは、目的地も決めず、ひた […]

資金繰りブログ

過剰債務

過剰債務 債務超過の中小零細企業の会社再生を図るうえで重要なことは、債務超過となってしまった原因を把握することです。 本業で利益を出せていても、収益額に比べて過剰な債務が重く圧し掛かり大きな負担となっている状態であるなら […]